戸塚駅徒歩2分の内科 戸塚ファミリークリニック

胃カメラ・超音波検査

Medical

苦しくない胃カメラについて

経鼻内視鏡検査

当院では身体に負担の少ない鼻からの胃カメラ(経鼻内視鏡)を行い、苦しくない検査を実施しております。

1.この検査の目的・必要性・有効性

胃痛や腹痛、貧血などの原因を調べるために、胃カメラで、食道、胃、十二指腸の内部を観察し、病気(炎症、潰瘍、ポリープ、ガンなど)を診断し、適切な治療方針を立てることが目的です。当院では鼻から入れる内視鏡(経鼻内視鏡検査)をおこないます。胃カメラを定期的に受けていいただくことで、胃がんになったとしても、早期発見の確率が高まります。とくに、慢性萎縮性胃炎やヘリコバクターピロリ感染のある方には、定期的な検査をお勧めします。

1)このような症状の方に、検査をお勧めします。

  • 上腹部が痛む
  • 胃に不快感がある
  • 胸焼けがする
  • 吐き気、嘔吐を催す
  • のどや胸に使え感がある
  • 黒い便がでる
  • 貧血を指摘されている
  • 顔色が悪いと言われる
  • 体重が減った
  • 肝硬変と言われている
  • 胃のバリウム検査で異常を指摘された
  • ヘリコバクターピロリ菌感染の疑いと言われた
  • 胃潰瘍や十二指腸潰瘍になったことがある
  • 食道がん、胃がんの治療をしたことがある

2)このような病気の検査・診断に検査は有用です。

  • 逆流性食道炎
  • 食道がん
  • 胃潰瘍
  • 急性胃炎
  • 慢性胃炎
  • 胃がん
  • 十二指腸潰瘍
  • 十二指腸がん
2.この検査・治療の内容および注意事項

1)事前検査

検査を安全に行うために、全身状態の把握や感染症の有無に関して、採血、尿検査、心電図検査などを行う場合があります。検査時に使用した注射の影響が残ることがあります。検査後の運転はできませんので、車・自転車・バイクなどの乗り物での来院はお控えください。

2)前処理

  • ①検査前日の夕食は、午後9時までに軽くとってください。それ以降の食事は控えてください。水などの水分は構いません。
  • ②検査当日の朝食(牛乳、乳酸飲料、ジュースなど)は食べないでください。検査予定の2時間前までは、水、白湯、お茶などは飲んでも構いません。コーヒー、紅茶、ジュース、牛乳、乳酸飲料などはおやめください。
  • ③降圧剤などの内服薬を常用・頻用されている方は、事前に担当医師にご相談ください。当日の朝の飲み方は医師の指示に従ってください。
  • ④検査後に胃を圧迫すると、吐き気などを生じることがあります。当日の服装は、体を締め付けるもの(和服、腹巻、ボディスーツ、ガードルなど)を避けてください。
  • ⑤ペースメーカーを挿入されている方、血をサラサラにするお薬を服用中の方は、必ずお申し出ください。ペースメーカー手帳やお薬手帳をお持ちください。
  • ⑥食事・薬などにアレルギー体質の方はあらかじめお申し出ください。麻酔で具合が悪くなった方、心臓病、不整脈、緑内障、前立腺肥大、糖尿病がある方は事前にお申し出ください。咽頭麻酔や胃腸の働きを一時的にとめる注射を中止、変更する場合があります。
3.経鼻内視鏡検査
  • 1)アクセサリー・義歯・湿布等は外しておきます。
  • 2)前処置で白い液体(消泡剤)を飲み込み、胃をきれいにします。
  • 3)麻酔薬を染みこませた綿棒を片方ずつ鼻に入れ鼻腔の表面麻酔をします。
  • 4)のどの麻酔を3~5分間のどに溜めたのち、ゆっくり飲み込みのどの麻酔をします。必要に応じて、のど麻酔の追加をすることもあります。
  • 5)検査用の寝台に左を下に寝て検査を受けます。検査終了までそのままの状態です。検査時間5~15分程度ですが、詳細に観察するために色素を撒いたり、がんやヘリコバクターピロリ菌の有無を調べるために組織を採取する場合には、さらに時間を要することがあります。
  • 6)内視鏡(直径6mm程度)を鼻から挿入して、咽頭、食道、胃、十二指腸を観察します。
  • 7)肩・首・のどの力を抜いてください。唾液は飲み込まず、口から外に出してください。ゲップはなるべく我慢してください。
  • 8)必要な場合には、病変部より組織を採取して、顕微鏡で観察し良性か悪性かなどを病理組織診断をします(病理検査の結果は約2週間を要します)。
  • 9)個人差はありますが、検査終了後1時間後に、まず水を飲んでむせこまないことを確認してから食事をしてください。
  • *更なる治療が必要な場合には対応可能な医療機関へご紹介させていだきます。

胃カメラ検査(上部消化管内視鏡検査)およその費用

使用する薬剤の種類や点滴の有無、初診か再診かなどにより費用が前後することがありますので、実際の費用とは異なる場合がございます。ご来院の際は保険証をお持ちください。

3割負担1割負担
胃カメラ(観察のみ)約¥6,000~約¥2,000~
胃カメラ+病理組織検査約¥10,000~約¥3,000~

検査に関するQ&A

  • Q自動車、バイク、自転車を運転して行って良いですか?

    鎮静剤などの薬を使用する場合があり、目が見えにくくなる事があり危険です。電車やバスなどを利用してご来院下さい。ご自分での運転はお避け下さい。
  • Q検査時間はどのくらいですか?

    検査自体は5~15分程度ですが、前処置、点滴、検査などで時間は変わります。
  • Q局所麻酔薬(キシロカイン)のアレルギーあります。

    以前、歯科治療などの際に使用した麻酔でご気分がわるくなられた方は検査前問診でお伝えください。
    薬剤の変更をします。
  • Q検査後、食事はいつから可能ですか?

    検査1時間後、のどの麻酔効果が消失し、むせこまずに飲食が出来るようになってから可能です。
    組織をとって検査した場合、刺激のある食事や飲酒、コーヒーなど2,3日避けたほうが良い場合があります。
  • Q検査後運動してもいいのですか?

    激しい運動はご遠慮下さい。
  • Q組織を生検した結果はいつごろわかりますか?

    約1週間後です。外来を受診していただいたときに医師より説明いたします。
  • Q予約時間に遅刻しそうなときはどうすればいいですか?またキャンセルはどうしたらよいですか?

    1時間以上の遅れとなる場合は、キャンセルさせていただきます。
    予約時刻になっても連絡なく来院されない場合も自動的にキャンセルとなります。
    予定に変更がございましたら、予約を調整いたしますので、当院(045-443-9788)へご連絡ください。
  • Q腹部超音波も同日検査可能ですか?食事で気を付けることはありますか?

    可能です。内視鏡と同様に食事を午後9時までに済ませてください。コップ1杯くらいの水やお茶は飲んでも差し支えありません。ただし、牛乳・乳製品・脂肪分・糖分を含む飲み物は避けてください。

腹部超音波検査について

1.この検査の目的・必要性・有効性

超音波検査では、主に次の臓器を検査しています。腹腔内臓器:肝・胆嚢・胆管・膵・脾・腎・副腎・後腹膜リンパ節・大動脈および下大静脈・(胃・大腸・虫垂:条件によって)骨盤内臓器:膀胱・前立腺・子宮・卵管・卵巣など多岐にわたりますので腹部のスクリーニングとしてまたは不快感や腹痛を訴えがある方に有用な検査となります。

1)このような症状の方に、検査をお勧めします。

  • 腹部が痛む
  • 胃に不快感がある
  • 肝機能異常を指摘された
  • 背中が痛い
  • 吐き気、嘔吐を催す
  • 体重が減った
  • 肝硬変と言われている
  • 黄疸(皮膚が黄色い)
  • 頻尿がある
  • 血尿をみとめる

2)このような病気の検査・診断に検査は有用です。

  • 脂肪肝
  • 肝硬変
  • 肝のう胞
  • 肝腫瘍(良性・悪性)
  • 肝膿瘍
  • 胆嚢ポリープ
  • 胆嚢結石
  • 胆嚢がん
  • 胆嚢腺筋腫症
  • 胆泥
  • 胆嚢壁肥厚
  • 胆嚢炎
  • 総胆管結石
  • 膵嚢胞
  • 慢性膵炎
  • 急性膵炎
  • 膵腫瘍
  • 水腎症
  • 腎結石
  • 腎嚢胞
  • 腎腫瘍
  • 子宮筋腫
  • 双角子宮
  • 卵巣腫瘍
  • 卵巣嚢腫
  • 脾腫
  • 副脾
  • 膀胱腫瘍
  • 前立肥大
  • 膀胱憩室
  • 虫垂炎
  • 大腸炎
  • 腸閉塞
  • 胸腹水
  • 腹部大動脈瘤
  • 腹部リンパ節腫脹
2.この検査・治療の内容および注意事項
  • 腹部に超音波を発信する装置を当てます。内臓から反射波を受け電気信号にかえてモニターに映します。装置を当てる部分にはゼリーを塗ります。
  • 検査時間は15~30分です。
    • 服薬に関しては医師の指示に従ってください。
    • 朝食は取らずにお越しください。
  • 1)前日の夕食を午後9:00までにすませてください。
  • 2)コップ1杯くらいの水やお茶は飲んでも差し支えありません。 但し牛乳・乳製品・脂肪分・糖分を含む飲み物は避けてください。
  • 3)骨盤腔部の検査は尿が溜まっていると観察しやすいです。

検査にかかる費用

初診か再診かによって費用が前後することがありますので、実際の費用とは異なる場合がございます。ご来院の際は保険証をお持ちください。

3割負担1割負担
腹部超音波(観察のみ)¥1,800前後¥700前後

腹部超音波検査に関するQ&A

  • Q検査時間はどのくらいですか?

    15分程度です。
  • Q検査で使用するゼリーはおちますか?

    ゼリーは容易に拭き取れます。もし洋服についた場合も洗濯すればおちます。
  • Q検査後、食事はいつから可能ですか?

    検査後すぐ可能です。
検査の流れ

検査日・検査時間は月・火・水・金の14:00~15:00です。
胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)はすべて予約制です。ご予約は、電話及び受診時に承っております。
予約を希望の旨をお伝えください。予約の調整をいたします。

1.予約申し込み・お問い合わせ先

電話番号 045-443-9788(当クリニック受付に繋がります)
月・火・水・金 9:00~12:00 14:00~17:00(木・土・日・祝日を除く)

2.検査の説明

電話で予約のかたは来院時に検査の説明をいたします。
受診時にご予約の方は、その際に検査の説明をいたします。

3.内視鏡検査予約~前日

食事:前日の夕食後(21時以降)は、朝食・嗜好品(ガム、タバコ)・薬剤等、召し上がらずに空腹のままおいでください。
※飲み水は飲んでも構いませんが、検査当日の2時間前までにして下さい。
薬を常用している場合(お薬手帳をお持ちの方は当日ご持参ください。)

注)抗凝固薬を内服している場合

1剤のみ(ワルファリン以外):休薬なしで検査が受けられます。
1剤のみ(ワルファリンのみ)もしくは2剤以上の抗凝固薬を内服中の場合、休薬可能かどうか処方医に相談してください。休薬ができない場合は、一部検査が受けられません。

4.内視鏡検査当日

内服:当日朝の服薬は、朝7時までに内服してください。血糖値を下げる服薬の内服や、インスリン注射を行わないで下さい。

服装:首元やお腹を締め付けない着替えやすい楽な服装でおいで下さい。
来院時の交通手段:胃の働きを抑える注射をした場合、一時的に目が見えにくくなる事があります。また、眠って行う胃カメラ(鎮静剤を用いた上部消化管内視鏡検査)の場合、直後は鎮静薬が残る場合があります。このことから、お帰りの際、ご自分での車の運転はお避け下さい。

  • 受付:検査予約時間の30分前までに、受付にて受診手続きを行って下さい。この際、保険証と診察券をご提示いただき、「胃カメラを予約している」旨を受付担当にお伝え下さい。
  • 検査前:説明・同意書の確認を行います。
  • 着替え:ロッカーにご案内しますので、上着の着替えをお願いします。
  • 前処置:内視鏡室に入室し、名前の確認後、消泡剤の内服、鼻の麻酔、喉の麻酔を行います。
    *点滴・採血検査も行うこともあります。
  • 検査:鎮静剤を使用された方は1時間安静にしていただき、その後診察を受けていただきます。
    また、看護師より当日以降の生活・食事の説明をさせていただきます。
  • 帰宅

5.内視鏡検査結果説明

当日または後日、写真をお見せしながら、医師が検査結果を詳しくご説明させていただきます。必要に応じて内服薬が処方されることもあります。

医療関係者のみなさまへ

当院では、内視鏡検査(および腹部超音波検査)を行っていない医療機関様からのご依頼を受けて内視鏡検査(及び腹部超音波検査)のみも承っております。これまでに当院に受診されたことのない患者様でもご予約可能です。 予約の手続き等でご不明なことがありましたら、当院までお問い合わせください。

胃内視鏡検査の場合

検査の予約は電話(045-443-9788)にてお願いします。予約していただければ、患者様は検査当日に当院に直接来院していただければ結構です。
検査結果は当日ご本人に直接説明いたします。病理検査をした場合は一週間後に結果説明のため再来院していただきます。紹介元の医療機関様宛の報告書は当日ご本人にお渡しするか、後日郵送で医療機関様へお送りいたします。

腹部超音波の場合

検査の予約は電話(045-443-9788)にてお願いします。予約していただければ、患者様は検査当日に当院に直接来院していただければ結構です。
検査結果は当日ご本人に直接説明いたします。紹介元の医療機関様宛の報告書は当日ご本人にお渡しするか、後日郵送で医療機関様へお送りいたします。