戸塚駅徒歩2分の内科 戸塚ファミリークリニック

消化器疾患

Gastrointestinal disease

消化器疾患

消化器内科では主に口から肛門までの消化管(食道・胃・小腸・大腸)や肝臓、胆のう、すい臓の病気を扱っています。これらの臓器に異常が起きるとさまざまな症状が出てきます。

つぎのような症状がある方はお気軽にご相談ください。

  • 胃の痛み、胃のもたれ
  • 胸焼け
  • げっぷ、吐き気
  • お腹の張り、腹痛
  • 便秘、下痢
  • のどのつかえ、のどの違和感
  • 食欲の低下、体重減少
  • 黄疸(体が黄色くなる、尿がこくなった、白目の部分が黄色い)
  • 黒い便が出る、便に血が混じっている

胃炎/胃潰瘍/十二指腸潰瘍

お腹が痛い女性

胃の中にある胃酸は、pH1~2という強い酸性であり、食べ物を溶かす消化や細菌などを死滅させる殺菌などの役割を持っていますが、粘液によって保護されているため、強い酸性の胃酸に溶かされてしまうことはありませんし、粘液は傷を修復する作用も持っています。ただし粘液の保護作用にも限度があり、それを超えると胃酸が粘膜を侵食してしまい、表面にびらんという炎症を起こします。

原因として、非ステロイド性抗炎症(NSAIDs)やヘリコバクターピロリ感染症などが挙げられます。軽い炎症の胃炎は、生活習慣の見直しを含む適切な治療でおさまりますが、きちんと治療を受けずに炎症が慢性的になると胃粘膜は修復力を失っていき、粘液自体も減っていきます。すると胃の粘膜は胃酸によって強い刺激を受けることになり、胃潰瘍につながる可能性があります。

治療としては、安静にし、塩分の多い食事やアルコール摂取を控える生活習慣を改善し、NSAIDsを服用していて中止が可能なら中止をし、ヘリコバクターピロリ感染があれば除菌をします。そのほか、胃酸分泌抑制薬、胃粘膜保護薬、胃の運動機能改善薬などがあり、症状や進行状態に合わせて服用します。胃潰瘍の中には治療経過中にがんが明らかになる場合があるので定期的な診察・検査を受けることをおすすめします。検査として胃カメラ検査があります。当院では負担の少ない経鼻内視鏡での検査を実施しております。

ヘリコバクターピロリ菌の除菌療法

ヘリコバクターピロリ菌は、胃がん発生に大きく関わっており、感染を調べる検査や、除菌治療でリスクを軽減できます。感染を認めた場合はなるべく早く除菌をすることをおすすめします。感染していたとしても除菌を行えば、胃がん、慢性胃炎などの発生リスクを抑えることができます。

除菌治療が自費診療になるケース

ヘリコバクターピロリ菌感染の検査や除菌治療を保険診療で受けるためには、胃カメラが必須です。

  • 3回目以降の除菌治療も自費診療になります。
  • 健康保険適用の除菌治療で使用する薬剤はクラリスロマイシン(クラリス)とペニシリン系薬(アモリン、サワシリンなど)ですが、アレルギーがあって別の薬剤を使用する場合には自費診療となります。

逆流性食道炎

胃液や胆汁酸など胃の内容物が食道内に逆流し粘膜障害や障害を引き起こす病気で症状を呈するものを胃食道逆流症(GERD)と言います。症状として、胃もたれ、みぞおちのいたみ、胃から呑酸が上がってくる症状のほか、嚥下時のつかえ感や声が嗄れるなどの症状もあります。脂っこいものや、香辛料や酸味のきいたものを食べると症状がひどくなります。
治療として、症状が軽い場合は、まず生活習慣の改善をおこないます。大食い早食いをやめ、胃酸が増える食後すぐに横にならないで寝る直前に食事しない、前屈姿勢を避けることで逆流症状を改善できます。また、禁煙やダイエットも症状を改善します。内服薬として、胃酸分泌抑制薬があります。胃カメラにより、食道粘膜の状況を確認します。

機能性ディスペプシア

上部消化管症状の原因となるような胃・十二指腸潰瘍や逆流性食道炎、急性胃炎、胃がんなどを胃カメラで病気が認められないのにもかかわらず、胃・十二指腸に起因する心窩部痛や胃もたれなどの症状が慢性的におこる疾患です。健康診断を受けた人のうち11~17%、病院に受診した人のうち44~53%の割合でみとめます。日常生活に支障をきたすことから適切な症状のコントロールが必要になります。
原因はさまざまな因子が関与しますが、消化管運動異常、内臓知覚過敏、ストレスなどの心理社会的要因が考えられています。
治療は、規則正しい食生活や睡眠のリズム、適度な運動をしていただいたうえで、酸分泌抑制薬や消化管運動機能改善薬があります。ヘリコバクターピロリ関連ディスペプシアというものもありヘリコバクターピロリ感染を伴う場合は除菌後に症状が消失することもあります。漢方・抗不安薬・抗うつ薬で症状が改善する方もいます。適切な治療をすれば症状は改善しますので症状が強い方は我慢せずに早めに治療をしてゆきましょう。

潰瘍性大腸炎

原因不明の免疫異常症による慢性腸炎です。持続性反復性の慢性下痢・血便を認めます。
発症年齢は10歳代後半から30歳代に多く、25歳~29歳にピークが見られますが、50~60歳代での発症も珍しくありません。生命予後は健常者と差はありませんが、長期経過により炎症性発がんの機序による大腸がん合併のリスクがあるため、定期的な大腸内視鏡検査が必要です。この疾患が疑われる場合は、大腸内視鏡検査ができる医療機関へ紹介いたします。ご相談ください。

過敏性腸症候群

機能性ディスペプシアと並んで機能性消化管疾患の代表としてあげられます。根本の原因は不明で腸炎・大腸がんなどの疾患がなく消化管機能異常として慢性的な便通異常に腹痛を伴う病気です。分類として、便秘型、下痢型、混合型、分類不能型などがあげられます。
原因は完全に解明されておらず、症状の緩和が主体となります。治療として、機能性ディスペプシアと同様に規則正しい食生活や睡眠のリズム、適度な運動をしていただいたうえで、慢性的な腹痛を引き起こす原因となる食事がご自身でわかればそれをできるだけ避けるようにします。

高脂肪食はしばしば腹部膨満や下痢を誘発します。アルコールやカフェインも症状を悪化させるため控えます。豆類など不溶性食物繊維を多く含む食品は腸管ガスの原因になります。便秘の改善にはわかめ、昆布、こんにゃく、果物など水溶性食物繊維をおすすめします。治療薬としてポリカルボフィルカルシウムがあります。 ポリカルボフィルは,高い吸水性と保水性があるため,吸水に伴い膨潤・ゲル化します。そのため、下痢時には,ポリカルボフィルが増加した水分を吸水してゲル化することにより便の性状の改善をさせ,消化管の通過時間を遅延させて排便回数を減少させます。一方,便秘時にはポリカルボフィルが消化管内で水分を吸水して膨潤し,内容物を軟化もしくは容量を増加させることで消化管内容物の通過時間を短縮させて排便回数を増加させます。つまり、下痢型、便秘型両方に効果がある薬なのです。他あわせて整腸剤、鎮痙剤、漢方を処方することもあります。
大腸内視鏡検査で病変がないのにもかかわらず慢性的な便通異常を伴う腹痛が続く方はこの病気も原因として考えられます。ご相談ください。

大腸憩室症

大腸憩室は粘膜が大腸の筋層を貫き外側に突出している状態を言います。大腸憩室症として、憩室炎と憩室出血があげられます。憩室炎は大腸憩室症の10~25%が発症し、食物繊維の不足が原因と考えられています。治療として抗菌薬の投与をおこないます。

一方憩室出血は憩室周囲の血管内膜の肥厚、憩室内の便塊による物理的刺激が考えられます。血小板薬、抗凝固薬、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)の服用、さらには糖尿病、高血圧がリスクとされています。憩室出血は通常、鮮血で、先行する下血や慢性的出血症状は伴いません。以前より大腸憩室を指摘されていたかたでこのような症状を認めるかたは憩室出血かもしれません。血圧低下や意識障害がある場合は入院し、全身状態が安定化した時点で大腸内視鏡検査をする必要性があります。

急性虫垂炎

虫垂とは右下腹部にあり大腸の中で盲腸の下に突起状に垂れ下がっている臓器です。虫垂が糞石(便)や虫垂粘膜下のリンパ濾胞の過形成により閉塞し、細菌の異常増殖がおこり、虫垂炎となります。
症状としては、進行性で持続的な腹部中央の不快感から始まり、食欲不振、微熱が出現します。次第に痛みが右下腹部に限局してゆきます。採血結果では、白血球数が上昇します。虫垂炎の診断は腹部超音波、腹部CTやMRIを施行します。
治療としては、抗菌薬の治療、手術による治療があります。抗菌薬の治療では治療をしても、再び虫垂炎になるのは全体の20%程度あります。虫垂が穿孔し(あながあき)腹部全体が痛くなった場合は(汎発性腹膜炎)緊急手術の適応になります。繰り返す虫垂炎を抗菌薬治療をしたのちに待機的に虫垂の切除を行うこともあります。近年では、腹腔鏡での虫垂切除術もあり負担の少ない(低侵襲)手術も可能になってきています。当院では手術を行うことはできませんので、虫垂炎が疑われた場合には手術加療が可能な医療機関へ紹介いたします。

胆嚢結石症・急性胆嚢炎

胆嚢は右の上腹部で肝臓の下にあり、ナスのような形をしています。肝臓で作られた消化液である胆汁を胆嚢にため、濃縮する臓器です。食事をしたときに胆嚢が収縮し十二指腸に流れ脂肪の消化を助けます。胆嚢結石のうちコレステロール結石は胆汁のコレステロール濃度が高いときや胆嚢の収縮能が低下した時に、ビリルビンカルシウム石は細菌感染が原因とされています。これら原因で出来た結石(もしくは胆泥)が胆嚢管に嵌頓し発作が生じると考えられています。胆石による痛みがある人の割合は2~4%/年と極めてすくないため、基本的に症状がない人は手術を受ける必要はありません。しかしながら、磁器様胆嚢(胆嚢壁が石灰化を全周性にみとめる胆嚢)、胆嚢内が充満結石で腫瘍の併存が否定できない。胆嚢ポリープが10mmである場合、膵胆管合流異常を認める場合は手術の適応があります。発熱をみとめ、採血上で炎症反応が上昇し、胆嚢が超音波など画像上腫大している場合は急性胆嚢炎と診断し手術適応となります。当院では腹部超音波が施行可能で堪能の観察は可能です。